不動産営業マンの頼りになるアドバイス

そんなこんなで大きな悩み事ができてしまったのですが、不動産会社の担当さんが本当に当てになる人で良かったですよ。
助かりました。

 

実際には、購入申込書というのを受け取ってみないと、なんとも言えないところなんですって。

 

そこに先方の希望買取額みたいな感じで書いてくるみたいなんですよ。

 

一応、こっちに値引きの意思があるかどうかっていうのは先に決めてから、購入申込書になるらしいので、担当さんいわく「具体的な金額を言わないようにしましょう。むしろ先方はいくらで買う気があるのかを探る必要がありますので、そこから攻めてみます」というので、何だかカッコイイなぁと。

 

その先の作戦はある程度考えておかないと、私がパニックになりそうなので、どんな手順で行くのがベストなのかを確認していました。

 

最初に考えていたとおり、10万円という端数は値引きの範囲内として考える、というのはそのままですね。

 

そこから先は、正直言って先方の出方次第ではありそうです。
一般的には最初の価格から20%まで値引きできるという話が紹介されているようなので、様子からして242万円の値引きで書いてくる可能性はあるという担当さんの読み。

 

968万円なんていう事になるのかな?と頭が痛くなりました。
この家の残ローンが860万円なので、それは払いきれるとしていいですし、次の家の頭金くらいはあるので、折れられないところではないですけどね。

 

ただ、自分で決めたボーダーラインが1,000万円までなので、32万円のマイナス誤差が出ます。
ということを担当さんに相談してみると、「そうですね。最初にお決めになった1,000万円以下はダメというお話でしたので、私としては心づもりしています。ただ、これを先方に明かすと、1,000万円ならいいんだと思われますので、後悔しないのも作戦になりますよ」ってことですね。

 

まぁ担当さんの方で心に留めておいてくれるようですし、勝手な判断をせず、1,000万円を切った時の対処は、その時に改めて検討しましょうという事になりました。

 

これが自分一人でやらなくてはいけないとしたら、とんでもなく大変なことなんだと思いましたね。
きちんとした不動産会社で真面目で頼り街のある担当さんだから、思っていたよりも悩んでいないのかなと思います。

 

いやー。こんなに安心感があるなんて、さすがプロですよね。
いろんなアドバイスが的確なので、信じてお任せ出来るんですよ。
不動産会社選びを間違えなくてよかったんじゃないかと思いましたね。

家の売却はこちらから