リフォーム(クロスの張り替え)が終わってみるときれいなものです

クロスの張り替えが終わってみると、何だかすっかり新築のようになりました。

 

といっても洗面所とトイレだけですが。
張り替えてみてわかりましたが、確かに普段と匂いが違うなとは思いました。

 

あれが、長年培ったカビだったんでしょうね。
印象が変わって引っ越しをしたような感覚になりました。

 

これなら他人が見ても大丈夫だなとは思いましたけど、これも私の主観ですからどうなんでしょうね?

 

全部の部屋のクロスも張り替えたら、そうとう違うんだろうなとは思いましたけど、不動産会社の担当さんは、「そこまで手間と費用をかけても、新しい入居者の方は好みの壁紙にしたりもしますので、もったいないかもしれませんよ」ということでした。

 

なるほど、新しく住む人が自分の好きなようにリフォームをするというのは当然ですよね。
他人が15年も住んでいたわけですから、考えようによっては嫌なのかもしれないし。

 

それなら、ダメージが出ているところ以外はしなくていいのかなと、止めておきました。

 

気になっていたところだけでも解消出来ましたから、次に内覧の人が来ても、「あぁ、ここダメなんだよな。見ないで欲しいな」なんてヒヤヒヤしなくて良さそうです。

 

家を売るのにも必要なことだったんでしょうけど、ここにいる間は気分よく過ごせそうだなと、ちょっと嬉しくなりました。

 

いつ内覧が来るかわからないなと思うと、段々掃除にも力が入ってきて、週末になると窓をキレイにしたりしています。

 

私はタバコを吸うわけではないので、比較的キレイだと思っていましたけど、きちんと掃除をすると中に入ってくる光の加減が全然違いますね。

 

リビングなんかも明るくなったような気がします。
段々、我が家が居住中のモデルハウスのようになっていますので、居心地が悪いのではありませんけど、違った印象になりましたね。

 

今回の買い替えは、部屋が増えるのが前提条件なので、引っ越しはするのですが、家って手を加えると、キレイにしていけるもんなんだなと改めて思いました。

 

引っ越したら、そっちの家を大事にしていきますよ。
当面は、こっちの家を大事にしていかないと、ちゃんと売れないので頑張りますけどね。

 

話によると、引っ越しをした後でも売りに出していると人が居ない分、住むイメージが湧きやすくなるようですけど、そうなっちゃうとローンの払いは二重になって大変なんですって。

 

出来れば引越し前に売りたいですけど、どうなるのかなと思っています。

家の売却はこちらから