どうも不動産担当営業マンが信用出来ないんだけど

査定額の相談をして納得できた不動産会社にお願いすることにはなったんですけど、ちょっと困り事が出てきました。

 

最初に電話で対応してくれたりしていた人が担当者になると思っていたのに、違う人が担当としてつくことになりました。

 

しっかりした人のいる不動産会社だから大丈夫だろうと最初は何も思いませんでしたが、いろんな説明を聞いていると「この人、本当にわかっているのかな?」って感じました。

 

私が素人なりに調べた宣伝の仕方って、チラシとかネットの掲載、レインズっていう不動産屋さんのネットワークのようなものがあって載せておくといいということだったんです。

 

仲介契約の説明を受けた時に、「うちだけで担当させていただきますのでお任せ下さい!」って言われまして、「レインズにも載るんですか?」と聞くと「いいえ。うちだけで独占して扱います」という答えでしたね。

 

段々わからなくなってきて、その場では契約しませんでした。
調べてみると、仲介の契約だといくつかの方法があって、担当者が言っていたのは、専属専任媒介契約というものらしいです。

 

1社だけで独占する方法で、他の不動産屋さんと二重に契約しちゃいけないんですね。
レインズを使おうと思ったら、専任媒介契約というのになって、これは他の不動産会社で買ってくれる人がいたら、そこと話をしてもいいという、ちょっと自由な感じです。

 

どうやら、たくさんの人に物件情報を見て欲しいなら、やっぱりレインズに登録する方法がオススメのようですね。
一般媒介契約というのもありますけど、いくつもの不動産会社と話が進められても、同時にあちこちと連絡をするのは面倒かなと思ってしまいました。

 

担当者が言っていた契約の仕方だと、自分の不動産会社で見つけた購入希望者を優先にしてしまって、もし他の不動産会社で、もっと良い条件で買ってくれそうな人がいても紹介してくれないことがあるそうです。

 

もうちょっと調べたら、担当者みたいに言ってくる人だと、売る人と買う人の両方から入ってくる手数料を目当てにしていて、あんまり信用出来ないというのも分かりました。

 

この人と売るまで付き合っていくのは嫌だな…と思ったので、かわいそうですけど、不動産会社に電話をして理由を説明してから、「担当者って変えられませんか?」とお願いしてみたんです。

 

そうすると、最初の電話対応の方が、「申し訳ございません。私が担当ということでご納得いただけませんか?」となりました。

 

この人なら大丈夫だと思ったので、専任媒介契約が出来るのかというのも丁寧に説明してもらって契約することになったんです。
担当者って交代してもらえるみたいなので、信用できる人を選んだほうがいいですよ。

家の売却はこちらから