決済日当日までに引っ越しの準備をしていないといけない

決済の当日には鍵を渡すことになりますので、引っ越しの準備をしておくことになります。
見積はしてもらっていたので、あとは引っ越しする日を決めて荷物をまとめるだけなんです。

 

15年住んでいた家には随分と荷物があるもんだなと感じました。
これでも内覧があったのでいらないものを片付けてはいましたが、まだ処分するものもあります。

 

不動産会社の担当さんには注意を受けていて「売主さんの中には、もう自分が住むわけではないと荷物を置いていく方もいますが、入居してくる買主さんには必要のないものがほとんどで、迷惑をかけるという事があります。問題にならないようキレイに退去するようにしていただけますか?」と心得の指導がありました。

 

ちょっとだけ「その手もあったね」とは思いましたけど、マナー違反は出来ませんね。
予め大型ゴミとかそういうので片付けていきました。

 

いらないものだけど使えるんならリサイクルに出す手もあるかなと思ったので、買取業者を探して取りに来てくれるようにお願いしました。

 

荷物が移動できれば終わりじゃないんですよね。
電気とかガス、水道にNHK、あとはインターネットとかも引っ越ししてから使えるようにしないといけないし、住所が変わるのでそういう手続が思ったよりもたくさんありました。

 

学区が変わらないので、子どもたちは転校しなくていいですけど、やっぱり住所の届けでも必要なんですよね。

 

これで転校になっていたら、まだまだもう大変なことになっていたんでしょうね。
わりと環境を買えないような感じでスライドできたのはラッキーでした。

 

行き先が決まっているだけに、決済まで住んでいなくてはいけないって言うことじゃないし、むしろ先に出ていたほうがいいみたいなので、引っ越しを前倒しにしていました。

 

そうすると、転居先では妻や子供がゆっくりしながら片付けられるし、決済は私がこっちの家に来るだけでいいので流れがいいかなと思ってたんですよね。

 

あ〜あとは決済が終われば、もう大丈夫だと思ったら、新しい生活に目が行っていますね。
確かにまだしばらく住宅ローンは払っていきますから、全然大変じゃないわけではありませんけど、気分を新たにして新しい家族も待ちながら、生活が変わっていくんだろうなという感じですよ。

 

環境がちょっと変わると子どもたちも落ち着かないかな〜?とは思っていましたけど、順応性ってスゴイんですよ。
人生の中でこんなビッグイベントが来るなんて思いもしなかったので、いい経験になったんでしょうね。

家の売却はこちらから