家の買い手ってすぐに見つかると思っていたけれど

家を売ると決めて、不動産屋を選んだり価格を決めたり、そして広告も出したので、簡単に買ってくれる人が見つかるだろう、なんて思っていました。

 

2週間かそこらで全部の手続きが終わって、清々すると思いきや、こんなに連絡が来ないものだなんて…。

 

最初の1週間は余裕の気分で、「まぁそのうち連絡が来るから大丈夫」と思っていました。

 

自分の中での架空の予定である2週間が近づくようになると、「え?全然、連絡がない。本当にこの家って売れるのかな?」という不安に変わっていきました。

 

本とかネットでも「売れない家もある」と書いていたので、実は私の家は売れないタイプの家なんだろうかと悩みましたね。

 

すぐに売却代金が入ってこないと困るのではなく、家に魅力があるのか、そっちだけが気になりました。
買い替えをするため、そっちの手配も必要になるので、購入の方に使う時間が出来ていいやと考えることにしました。

 

建売を購入しますので、新築で建てるのにやらなくてはいけないことというのは省けるからいいのですが、買い手が出たという連絡が待ち遠しくて仕方がなかったですよ。

 

慌てるというよりは、試験の結果を待っている時のような気分ですね。
急がないにしても、いつ売れるのかが決まらないと引っ越しの準備とかも出来ないですし。

 

妻は妊娠していて、あまり頼み事を支度はなかったので、私がしたほうがスムーズかなと思っていました。

 

3人目の子供ですから、妻も貫禄の様子でしたけど、気をつけるに越したことはないですからね。
「連絡来ないね?」なんて話すと、妻は「大丈夫よ。そのうち売れるでしょ?」と呑気にしていて、私も気楽になりました。

 

中古の建売を買うだけですが、そちらも不動産会社に依頼していましたので、電話が来ると「ん?どっちだ?」という感じで落ち着かない毎日です。

 

売り出し中の期間は何もないからと言って不動産屋さんからの連絡が来ないということはありませんよ。

 

ちなみに私が利用した専属媒介契約というのは、2週間の間に不動産屋さんは1回以上の連絡をしなくてはいけないと決められていますので経過の報告を受けることになります。

 

法律で決められているルールなので、不動産会社も守らなくてはいけないんですね。

 

そんな感じで時間もありましたので、世間的にはどのくらいの期間がかかっているのかな?と調べてみました。

 

売り出しをしてから契約が完了するには平均として1ヶ月くらいかかるようなんですね。

 

あれ?思っていたよりも長くかかるみたいです。

 

不動産会社から電話が来ても「物確は入ってくるようになったんですけどね」と言われ、物確というのは何かがわからず説明してもらわなくてはいけないのです。

 

どうやら不動産業界の専門用語があるようで、省略されると何だかわからないです。
一生使うものではないのですが、ちょっと不動産用語(?)も知っていたほうがいいんだなと思いましたね。

家の売却はこちらから