内覧者さんの感想を聞くことが出来ました

今回は、内覧の時の感想というのが聞けました。
まぁ、感想を聞いたとしても売れないんじゃなぁとも思いましたけど、今回ダメでも次回の参考になるのかなという感じでしたね。

 

不動産会社の担当さんからは、「内覧にいらした方は、印象がいいということは言っています。洗面室とトイレはキレイだし、周囲も便利なようなので、ということなんですよ。ただ、まだ決めきれていない様子なんですね。」ということだったので、これは脈ありかな?とも思いましたけど、決めきれない理由は何なんだろうとは思いました。

 

ちょっと嫌な予感のするところでは、値段なのかなという感じですけどね。

 

「結局、一番、悩んでいることって聞いちゃいけないんですよね?」と質問してみると、「そうですね。相手の不動産会社が別の会社なので、私としても、そこまでは踏み込めないんですよね」ということです。

 

なるほど、そう言われると確かそうでしょうね。

 

「ただ先方からは、もう一度だけ内覧に来たいと言うお話なんですよ。私としては、一応、受けておいたほうが今後につながると思いますよ」というアドバイスを貰ったので、それならという感じで、もう一回、内覧を受けることにしました。

 

こうなったら、何事も経験かな?という感じで、いろいろとしてみようと思いましたね。

 

こんな機会は多分もうないと思いますから。
それに、何だか原因はわからないですけど、ちょっとは気に入ってくれているのかなと思いますのでチャンスはあったほうがいいと思ったんです。

 

もしかしたら、次回の内覧の時に、何が悩んでいるポイントなのかがわかるかも知れないです。

 

私も勉強してみて、売主っていう立場でアピールしてみることもしていったほうがいいことを学んだので、前回に出来なかったことを試してみたい気分だったんですよ。

 

うまく出来るかはわからないですけど、家は売れたほうがいいですからね。
ちなみに、豪腕営業マンみたいなことはしちゃいけないんですって、駆け引きみたいなのが難しいんでしょうね。

 

平凡な人生では、家なんて1回買って終わりだと思っていましたから、売るとは予想外です。

 

神経を使うことがありますけど、人生のイベントが増えたような感じがします。
と、そのときにはノンキに考えていましたが、また、この後が大変なことになるんですよ。

 

家を売ることを検討している方は、不動産会社に頼んでおくと簡単に売れると思うかもしれませんが、いやいや、これで中々大変なので覚悟はした方がいいですよ。

家の売却はこちらから