残念ながら内覧者の購入が決まらなかったので反省してみる

内覧に来てくれた人は、残念ながら今回は保留ということで、決まりませんでした。
何が良くなかったのか、次のためにちょっと反省してみようと思いましたね。

 

まぁ、素人判断でわかるところだけではないので、不動産会社の担当さんと相談してみましたが、なるほどと思うところがたくさんあります。

 

まず、屋根裏と床下のことからですけど、とりあえず見るとは思っていませんでしたから、自分で見てどう思うかをチェックしてみましょうということです。

 

屋根裏だと断熱材の状態、雨漏りがしていないか、劣化を感じるものがないかというのを見られるようですよ。

 

担当さんに見てもらうと、そういったトラブル系のものはないので、ほんの少しキレイにしてみましょうということです。

 

多分、向こうの不動産会社の人も、汚いと思って「あ〜」って言ったんでしょうね。
床下だと土台を見たりシロアリの巣がないか、断熱材があるのか、配管を見て水漏れがないのかということが確認されます。

 

これも担当さんに見てもらいましたが、うちは問題がないようです。
じゃあ、どこがいけないんだろう?ということですね。

 

本当は見学に来た人に何がダメだったのか聞きたいんですけど、そういうことはしないほうがいいと言われました。

 

家は傾いていないので、ドアやサッシの立て付けも悪くなっていないです。

 

どうも、コレかなと思ったのが、IHが古いので買い換えて設置しないといけないでしょうし、収納は見せなかったので何かあるって疑われたかな?というところですよね。

 

それは担当さんも、「収納の中はカビていないか、使いやすくなっているのかということも確認したいところでしょう。」と言っていましたね。

 

水回りも後になってみてみれば、キレイにしてもちょっとくらいの錆があったので、これはまずかったなと反省しました。

 

水漏れがしているわけじゃないんですけど、印象が悪いですもんね。
プロである担当さんと一緒に確認してみて、構造上の問題って言うことじゃなくて、掃除が足りないとか、キレイにしきれていなかったという問題点のようです。

 

IHは、困りましたね。

 

こちらで設置し直していくっていうことも出来ないし、相談してみると担当さんは、「配線の太さを考えても変更可能な範囲です。

 

2.0mm(我が家の状態)と新しい2.6mmでは許容電流が違うので、マンションで使用しているようなIHクッキングヒーターにするという手もありますよ」という答えでした。

 

と、いうことで次回の内覧があるまでに改善できるところに手を付けてみようと思ったんです。
ちょっとだけ楽しくなってきてしまいましたね。

家の売却はこちらから