家の売却が決まり今の住宅ローンをどうする?

さてさて、なんだかんだで進めてはいますが、今回の山場が来ました。
残ローンってどうすんの!?事件です。

 

まず、自分で勉強した分では、抵当権をなくすのに払いきってしまわないといけないってこと、そのためには手元にお金がないなら末梢ローンっていうのを使ったほうがいいかも?ってことなんですよ。

 

抵当権っていうのは私がローンを組んだ時に何かあれば家・土地を抵当にして持って行っていいよという話なので、これがついたままだと相手の人にも不安が出るということなんです。

 

だから抹消しましょうねってことなので、普通は司法書士に手続きをしてもらうのが一般的ですね。

 

引っ越しをする地域もあまり遠くではないので、同じ金融機関で残ローンの完了と新規ローンとして検討するという相談をしました。

 

住み替えということでローン商品があるようでした。
内容としては住宅の取得で発生するローンから今の家の売却額を引いた金額が融資してもらえると言うことです。

 

年収がいくら以上とか、最初のローンで○年以上、最近の支払いが遅れていないという条件があるものの、クリアできていましたので使えそうなんですよね。

 

計算してみた結果、自己資金158万円と売却受取額1,010万円なので1168万円はあると、そして目安の売却費用で41万円くらい購入時の費用では79万円くらい、これからのローン支払いで2,570万円っていう計算になるんだそうです。

 

必要なのは1,402万円くらいですけど、余裕を見るなら2,618万円でローンを検討するのがベストだとアドバイスされてきました。

 

これが新規ローン30年での返済の計算なので、いろんな銀行のシミュレーションを見ても妥当なところなんだろうなと思いました。

 

このご時世で昇給は望めないかもしれないけど、育児が落ち着いたら妻もまた働くと言っていますし、大変なりにもやっていけそうです。

 

申し込みはしたので、後は審査に通過したらOKということですね。
これは私が経験したパターンなので、他の全ての方が応用出来るものではないかもしれませんけど、こんな方法もあります。

 

抵当権抹消っていうのは司法書士にお願いしますが、不動産会社の担当さんから紹介されて、こういうのも結構掛かるんだろうなと思っていたら、12,000円でいいということでした。

 

「そんない安いの?」と思っていたら、抹消するのと登記事項証明書を取って登記情報サービスっていうことで、合計するとこのくらいでいいんですって。

 

素人的には何十万もかかるんだろうなって思っていたんですよ。
調べると、みんな自分で抹消したからやすかったって書いているものばっかりなので、覚悟してしまいました。

 

このくらいで済むんだったら自分で勉強してまでしなくていいやって思いますね。

家の売却はこちらから