買主からの購入申込書っていうのをもらいました

値切り交渉が来てから、購入申込書を待っていました。

 

これは買主からの意思表示っていう意味合いはあるんですけど、確約されるものじゃないんですって。
申込金は10万円くらいで入ってきますけど、手付金とは違うのでアテにし過ぎてもいけないと。

 

そこには買主から提示される希望金額っていうのが明記されることになっているんですね。
これがどのくらいの額なのかで売る方もどうしたらいいのかを考えていくことになります。

 

ありえない額が書いてありそうな、とんでもなく嫌な予感はしていましたけど、送られてきた購入証明書には970万円という記入がされていましたね。

 

見事に1,000万円を割り込んできました。

 

20%の値引きだと968万円くらいには希望してくるかと思っていたので、それよりはマシかなと思います。
が!ボーダーラインを割っていますので、これは困ったなと、不動産会社の担当さんに相談してみました。

 

恐らく先方も、自分の言い分だけが通るとは思っていないでしょう。こちらが多少、上げてくるのも予測して、ここから初めましょうという金額ですね。○○さん(私)は1,000万円以上でのご希望ですから、交渉の余地はあると思っていいでしょう」ということです。

 

まぁ確かに、2万円程度のおまけが付いた値段で売ろうとは思えないですよね。
30万円分くらい担当さんが頑張ってくれるといいんだけどなぁ、と思いながら、どうも先方の「お父様」がチラつきます。

 

それから担当さんに確認されたのは、「恐らく1,000万円でと金額の提示をしてしまっては、じゃあそれで、と交渉にならないでしょう。どの程度まで出せるのかという上限を見た交渉をしても構いませんか?売主様の意向がありますでしょうし、その加減を私の方でしても宜しいですか?」ということでした。

 

なるほどね?1,000万円で、なんてウッカリ言っちゃいけないんでしょうね。
危ない危ない。これが素人の怖いところなのかなとビックリしました。

 

こちらも強情を言うわけではないんですけど、1万円でも高ければ正直なところ後が楽というのはあります。

 

プロの業者さんが交渉するのなら、我が家の事情も理解してくれるので、「お任せします。よろしくお願いします」ということで、これから交渉のデッドヒートになりそうな予感ですね。

 

うまく、トントンとまとまっていけばいいですけど、予想ではそんなに簡単なものではなさそうだなと思っていました。

 

普通は、この購入申込書っていうのが来てから1週間くらいで契約になるようですけど、思い通りには行かないものですよね。

家の売却はこちらから