内覧希望者が来る前にしておいたほうが良いコトを聞きました

広告を出してから2週間チョットというところで不動産会社から連絡が来ました。
「内覧希望の方がいますのでいかがでしょう?」ということ。

 

予定のいい日を聞かれて、特に都合がわるいこともないので、スケジュールの打ち合わせはお任せしてしまいました。

 

内覧というと当然、家の中まで見られるっていうことですよね。
考えて見ると、家の中が散らかっていて人様にお見せ出来る状態じゃないなと思いました。

 

中学生と小学生の子供がいるだけなので、小さな子供がおもちゃを散らかす様はひどい状態でもないですけど、ちょっと恥ずかしいですよね。

 

妻も妊娠していて、毎日せっせと片付けをしている様子ではないですし。
テーブルの上も生活感が出すぎな感じだし、片付けしないといけないですよね。

 

ん?これってモデルルーム並みにガッチリお掃除しないといけないもの?」と気になったので担当さんに聞いてみました。

 

確かに整理整頓がしっかりできている方がいいかもしれません。見に行く方は、そこでの生活を想像しますので、散らかっているのは良くないですね。」とのこと。

 

立場を変えると確かにそうかも。

 

普通に掃除をするようにしていただいて、後はコツがあるのでお知らせします。メモに取られますか?リストアップしてお持ちしましょうか?」と、なんて丁寧な人なんだ。

 

せっかくなのでリストアップして持ってきていただきました。

 

普通に片付ける以外だと、

  • その時期には使わない冷暖房器具は収納の中に片付けておく(ストーブ・こたつ・扇風機など)
  • 水回りをしっかり掃除する
  • 玄関のハンガーにコートなどを掛けたままにしない
  • 見た目に広く感じるには窓ふきもしっかりしておく
  • 当日は室内の照明をつけておく
  • 引っ越しで捨てる予定の家具があれば処分の検討を

 

まずはここから初めましょうということなのです。

 

引っ越す準備を始める気分で片付けていくと、内覧にも良いし後で引っ越すのも楽だということでしょう。

 

大きなもので収納に入りきらない時はトランクルームを使う人もいるくらいだそうです。

 

水回りっていうのは内覧に来る人や一緒についてくる不動産会社の人が厳しくチェックするようなので、カビが生えてまま放っておくのは絶対ダメっていうことなんですね。

 

リビングにものが散らかることはあっても、そういったところは妻がきちんとしているから安心ですけど、他人が見ると気にするようには出来ないですね。

 

なるほど、見学をしてもらうのにも、ちょっとしたコツで印象が違うんだなと感心しました。

家の売却はこちらから