クロス貼り替え後、2組目の内覧希望者が来ました

クロスの張り替えをしてから、どのくらいですかね?2週間ちょっとで、内覧のご希望があると言うお知らせが来ました。

 

「なんだ、思ったより頻繁なんだな」というのが素朴な感想です。
不動産会社の担当さんには、「休みの日ならいつでもいいです」と伝えてスケジュールを決めてもらいました。

 

日曜日の午後になって、向こうの不動産会社と小さなお子さんのいらっしゃるご夫婦がいらっしゃいましたね。
2〜3歳くらいの可愛いお嬢さんと、年齢はわかりませんでしたが、落ち着いた30代らしきご主人と、ちょっと若くて歳の差がありそうな奥様ですね。

 

まぁそれはさておき、前回の失敗を踏まえて、改善していますので、どう見てくださるのかなと思っていました。
チェックするところは同じようで、床下や屋根裏、水回りのチェックと、ドアやサッシの動きは見ていました。

 

今回も「収納を見せて下さい」ということだったので、快く「どうぞ」と言えたのは自分でも満足しました。

 

妻も向こうの奥様に質問されて、キッチンの使い勝手などというより、「ご近所のお付き合いってどうされてますか?」「ゴミステーションってお掃除当番ありますか?」「スーパーって近いですか?あと品揃えっていいですか?」「うちの子と同じ年令くらいのお子さんって近くにいますか?」と具体的なことを聞かれていました。

 

若い奥様なのに、しっかりしていらっしゃると思いましたね。
こちらがした片付けでも、引っ越しに向けていらないものもかなり処分していますので、納戸として使っていたところまで、開けておきました。

 

予定が立ってから風通しもしていたので、匂いは「ない」と思います。

 

ご主人も「こちらを購入されたのは、どんなことが決め手でしたか?」と質問してきましたので、「中古の建売でしたけど、私としては間取りもいいし、学校とかが近いですから子どもたちにもいい環境だと思ったんですよね。スーパーなんかも便利な方だと思いますよ。」と答えました。
これが合格の答えかどうかはわかりませんでしたけどね。
同じく1時間くらいでしたけど、何だか楽しい雰囲気だったので、あっという間に終わった感じがしますね。

 

何となくですけど、「気に入ってくれたらいいな。あんな感じのいい人に住んでもらえたら嬉しいな」と思いました。

 

どうも迷っている感じが見てわかったので、ここでなんかプッシュしたほうがいいのかな?と思ったんですけど、仕事でも営業経験はないですし、何かを言って失敗してもなぁと食い下がれないままでした。

家の売却はこちらから