価格交渉で決着がつき家の売却が決まった後のこと

価格交渉で変な決着がついてから、忙しくなりそうです。
何やら揃えなくては行けない書類がたくさんあるので、一切合切を用意しないといけないんですよ。

 

もう「権利書ってどこだっけ?」「固定資産の納税証明書どこ?」「家の説部の説明書はどこにしまったんだろう?」こんな会話が毎日になっています。

 

不動産会社では、何が必要なのかを指示してくれるので、言われたものは全部!っていう感じになります。
手元にあるものはいいので、印紙とか買いに行かないと行けないものは、平日が大変で妻に頑張ってもらいました。

 

売買契約をするときに領収書とかも出さないといけないらしいので、「あんまり使わないし100円ショップに売っているやつでいいよね?」という突貫工事状態です。

 

引っ越しも重なってきますから、まぁそっちの手続きと書類もあって、ごった返したのかなとは思いますね。

 

売買契約までは1週間が目安と言われていましたけど、こちらの引っ越しのタイミングも考慮してもらえるということです。

 

契約書の取り交わしが終わっているのではありませんから、うかうかして白紙にされても嫌だなとは思いました。

 

段階としては、売買契約をして手付金が入ったらある程度は安心で、その後に精算というのをするときに家の鍵を渡して完了って言うことなんで、その間には手続きと次のローンから引っ越しまでの手配はしておきましょうよ、っていうことなんですね。

 

その前に次の家のローン審査も受けないといけないし、今のローンも片付けないと行けないんですよね。

 

いや〜本当に忙しくなってきました。
平日にしか行けないところもあるので、これはちょっと有給休暇を取って、やらなくちゃいけないことも出てくると。

 

一生に一回のことだし、会社も事情は知っているからいいんですけどね。

 

司法書士にお願いしないといけない手続きもあるので、うわぁ探すのかぁと思って担当さんに相談してみると、「ご紹介しましょうか?報酬は抑えるように出来ますよ」と、まあ何とも頼もしい限りで本当に助かりました。

 

担当さんにお任せ出来ることは全部お願いして、自分でできる範囲のことをするだけでいいということになり、自分だけでこんな大偉業は出来ないなって本当に思いました。

 

やっている人もいますけど、これって相当勉強しないとダメですね。
仕事もしながら、家を売ろうと思っている人は、不動産会社の強力がないとかなり苦労すると思います。

 

プロの偉大さが身にしみた感じですね。

家の売却はこちらから