自分の家の売買契約後に転居先の売買契約で大忙し

転居先の手続きもしなくてはいけませんので、こちらも内覧を予定してはいたんですけどね。
さすがに内覧を受けた経験がありますので、経験を活かしてという感じには思っていました。

 

値下げ交渉っていうのも出来るとわかりましたから、どの程度の範囲でしていこうかなと逆にわかりやすいもんですね。

 

ただ、売れるまでは、ちょっと動きにくいと思っていたので、決定する段階には至っていなかったんですよね。

 

もしかすると、順番があべこべかもしれませんけど…。
もう少しで、こっちの売買契約が完了しそうになってので、もう決めていいのかなという感じです。

 

不動産会社が売るのと買うのではバラバラに考えていたので、これは不便かなと思い相談してみました。

 

売る方の担当さんに話をしてみると、「その物件でしたら、こちらで担当できますが、物確を取って動けるようにしても構いませんか?」ということでした。

 

やっぱり信頼出来る人だなとシミジミ思いましたね。
先に話をしてくれていた別の不動産会社には申し訳ないんですけど、こっちの担当さんにお任せすることにしたんです。

 

1,580万円の物件ですから、買うとなれば安いほうがいいなと思ってしまいますよね。
さすがに20%引いてというのも心苦しいのですが、1,264万円と思っても、うーん。

 

まずは、内覧に言って購入申込書を出してみてだなということにしました。
希望としては1,300万円くらいなんですよね。

 

自分の家の売買契約が終わってから引き渡しまでの間に、転居先の売買契約をしてローン申請を済ませなくてはいけないですから、ちょっとだけテンヤワンヤの状態ですよ。

 

ただ、トータルで同じ担当さんが関わってくれるというのがスムーズに行った理由でしょう。

 

転居先の方では間取りなどを見ていただけでしたけど、内覧をしてみれば、綺麗に住んでいらっしゃったようで、これなら住み替えをしてもリフォーム代はかからないなという印象でした。

 

リフォーム代って200万円程度は必要だと思っていたので、1,300万円まで値引きしてもらわなくてもいいのかな?とも考え始めました。

 

担当さんとしては、「売主さんに1,300万円を提示しても、もう少し上げられないかは聞かれるでしょうし妥当な線だと思いますよ」というお話です。

 

購入申込書を出して、売買契約まで行ければ、後は何の問題もないっていう感じですね。

 

ちょっとだけ担当さんにおんぶに抱っこみたいなことになっています。
スケジュールは同時進行で進めていかないとご苦労されたでしょうし、ご相談いただいて良かったですよ」と言ってもらえてホッとしましたよ。

家の売却はこちらから