家売却の仲介手数料って計算がややこしい

不動産会社には仲介手数料を払わなくてはいけないですよね。
この計算がなんだかややこしくて、間違えそうになりますので、ある程度はわかっていたほうがいいですよ。

 

信頼できる不動産会社でも、言われたままに支払うのは普通だと抵抗がありますよ。
まず、売却額の3%と6万円を足して消費税を足すということなんですよ。

 

1,010万円の3%なので303,000円と60,000円、363,000円の消費税なので10,890 円を足します。
合計して373,890円が仲介手数料として支払う分、半額ずつなので185,945円を2回に分けるっていうことなんですよ。

 

ここまで理解するのになんだか時間がかかりました。
まぁ、全部終わってから気が付きましたけど、この仲介手数料って一番多く支払って、この計算の仕方になっているんですね。

 

うーん。ケチれば良かったかもしれない…。
確かに、これだけ丁寧に面倒を見てもらっているんだから払えばいいじゃないかってことなんですけど、大金持ちでもないですから、削れる費用は削りたいんですよ。

 

家売却の仲介手数料を無料にしている不動産会社もあるくらいですからねぇ。
値切って、せめて半額くらいにできれば助かったかなぁ?って思いました。

 

私たちのような初めて家を売却する人は、こんなこと知らないもんですよ。
これから家を売るなんてことも、もうないでしょうけどね。

 

もしも、これを見た方が家を売却しようと思っているんだったら、ぜひ「家売却では仲介手数料を節約しよう!」って考えて不動産会社を探してみてください。
ホントにね。もったいないですよ。

 

不動産会社の担当さんに散々お世話になっていて、こんな言い方はないんでしょうけど、普通の家庭に何十万っていうお金は大きいんですよね。

 

我が家みたいに、これから子供にお金がかかりますっていうご家庭もあるでしょうし、こういう失敗はしないほうがいいと思いますよ。

 

なんか、後から「ちょっとくらい家売却の仲介手数料を引いてくれない?」って言っても「そういう契約ではないですよね。」ってお断りする不動産会社もあるそうです。

 

値引きしてほしいなと思っているんだったら、先に話しておいたほうがいいみたいですよ。
家を売る時って、何をするのも値引き交渉をするものなんですね。

 

普通の生活をしていて商売っ気もないことをしているので、値引きなんてこと頭にないもんですよ。
私は少し損をした気分ではありますけど、皆さんは、お得な利用方法を考えてみてくださいね。

家の売却はこちらから